顧問支援事業

FMBでは毎月の経営会議をベースに財務戦略の策定・実行を支援します。

企業活動で「利益」を創出するには、
icon-chevron-circle-right 営業(Marketing)
icon-chevron-circle-right 生産(Production)
icon-chevron-circle-right 財務(Financial)

の3つの要素がバランスしなければなりません。
経営陣の得意分野が「営業」もしくは「生産」であれば、おのずと「財務」の輪が小さくなり利益創出力が低くなる傾向にあります。

FMBでは「財務」に力点を置いたコンサルティングで3つの要素バランスを改善して「利益拡大」を実現します。

EPM(企業業績管理)コンサルティング

EPM(ビジネス業績管理:Enterprise performance management)コンサルティングでは、変動損益計算書を用い、売上ではなく「売上総利益=(付加価値)」に着目して経営目標を設定、得意先別・商品別のライフサイクル(市場動向)を抽出し、毎月の経営判断(社内リソースの配分)に役立てます。

icon-angle-double-right 詳細は財務コンサルティングのページへ

経営計画策定コンサルティング

企業業績管理のために、まず始めなければいけないことが「経営計画の策定」です。経営者の見通しがあって、はじめて実績との「差異」を把握することができます。
差異を額面(付加価値額)で把握することにより日々の経営判断が可能となります。

また経営計画を経営陣の道具に留めず、全社員の道具として活用できるよう「経営方針発表会」開催もサポートしております。

icon-angle-double-right 詳細は経営計画導入コンサルティングのページへ

補助金プランニング会員サービス

FMBでは、専門のアナリストが経済産業省系や各都道府県の最新補助金情報をアップデートしています。
こうした補助金は年度初めの4月から募集を開始するものが多く予算の都合から2週間で締め切りを迎えるものも存在します。
FMBではクライアントの事業内容を把握した専任者が6か月前から準備して確実に支援策活用をサポートしています。

補助金は「採択」されても「受給」できなければ意味が無いばかりか損失です。
受給は事業完了後となるため、自社の「事業遂行能力」見極めが重要となります。FMBでは実現可能性の高い事業計画に絞り補助金提案することで、数多くの常連企業を輩出しています。

icon-angle-double-right 詳細はプランニング会員のページへ

MENU

健康経営

メディア掲載

イノベーションルーム淀屋橋

私たちは日本赤十字社の活動を支援しています
ページ上部へ戻る