お知らせ

2021年 年頭所感

2021年 年頭所感

新年おめでとうございます。

昨年は、年始から新型コロナウイルス感染症が広がり、日本中が日々変化する状況への対応に追われ続けた一年間でした。4月には緊急事態宣言が発令され、東京五輪・パラリンピックの延期や春夏甲子園の中止など前例の無い事態が相次ぎ、様々な業種・業界に甚大な悪影響が及びました。国も企業倒産を回避すべく緊急融資を実施、6月には信用保証協会の申込承諾件数が31万9千件(前年同月比579%)を記録するなど現場は混乱を極めました。一時的にはGoToキャンペーンなど回復の兆しが見えたものの11月から始まった第3波の収まりが見えぬまま2020年を終えることとなりました。

本年はワクチン接種による収束を期待しつつも、コロナ過においても影響を受けない経営の在り方を国は模索しており、空前の予算規模で中小企業を支える姿勢を打ち出しています。特に1兆1,485億円の予算が組まれた「事業再構築補助金」では、産業全体の変化を見据え、新たな挑戦をする中堅・中小企業への支援が予定されています。当社でも企業のポストコロナへ向けたチャレンジを下支えすることで、認定支援機関の役割を果たしていく所存です。
さらに、デジタルトランスフォーメーション(DX)も様々な業界を変えつつあります。このDXへの対応も中小企業の行く末を左右する大きなファクターとなります。当社ではDX認定制度やDX税制といった公的支援策の活用サポートをはじめとして中小企業のDX化についても幅広く支援して参ります。

多くの産業が目まぐるしく変化せざるを得ない事業環境の中、「成長企業支援」を旨とする当社の役割も一層増しています。日々、一人でも多くの経営者の方の力になれるよう事業に邁進してまいります。

本年が中小企業の皆様の飛躍の年となるよう心より祈念いたしまして、新年の挨拶とさせていただきます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

令和3年元旦
FMBコンサルタンツ株式会社
代表取締役 上地 弘恭

MENU

認定

Facebook

メディア掲載

私たちは日本赤十字社の活動を支援しています

ページ上部へ戻る