経営革新計画

中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画の作成は、現状から将来の有るべき姿に到達するための“武器”であり“道しるべ”となります。絶えず変化する環境の中で会社が現在よりも高い水準の目標を実現するために何が必要かが明確になり、確実に到達するために経営革新計画があるのです。

「中小企業新事業活動促進法」とは?

中小企業の新たな事業活動を促進する法律であり、その事業活動の促進に資する事業環境基盤の充実を図るための様々な支援が規定されています。

 

「経営革新計画」とは?

 icon-chevron-circle-right 業種による制約条件をつけないで、全業種の経営革新を支援します
 icon-chevron-circle-right 単独の企業だけでなく、任意グループや組合等の柔軟な連携体制での経営革新計画の実施が可能です
 icon-chevron-circle-right 具体的な数値目標を含んだ経営革新計画の作成が要件となっています
 icon-chevron-circle-right 都道府県等が、承認企業に対して、経営革新計画の開始時から1年目以降2年目以前に、進捗状況の調査(フォローアップ調査)を行うとともに、必要な指導・助言を行います

「経営革新計画」が承認された後のメリット

経営革新計画の承認を受けると、低利の融資など多様な支援策を受けることができます。
具体的な支援策の内容は下記の通りです。

保証・融資の優遇措置
(1)信用保証の特例
(2)政府系金融機関による低利融資制度
(3)高度化融資制度
(4)小規模企業設備資金貸付制度の特例

海外展開に伴う資金調達の支援措置
(1)株式会社日本政策金融公庫法の特例
(2)貿易保険法特例
(3)中小企業信用保険法の特例


販路開拓の支援措置
(1)販路開拓コーディネート事業
(2)中小企業総合展

投資・補助金の支援措置
(1)起業支援ファンドからの投資
(2)中小企業投資育成株式会社からの投資
(3)経営革新関係補助金


投資・補助金の支援措置
(1)特許関係料金減免制度

「経営革新計画」作成のポイント

新たな事業計画の創出

 icon-chevron-circle-right 新製品の開発や生産
 icon-chevron-circle-right 新役務(サービス)の開発や提供
 icon-chevron-circle-right 商品の新たな生産方式や販売方式の導入
 icon-chevron-circle-right 役務(サービス)の新たな提供方法の導入、その他の新たな事業活動

詳しくは下記よりお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

MENU

健康経営

メディア掲載

イノベーションルーム淀屋橋

私たちは日本赤十字社の活動を支援しています
ページ上部へ戻る