トピックス

平成28年度補正予算「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」

1.事業概要

国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援します。

2.公募期間

・ 受付開始:平成28年11月14日(月)
・ 締切:平成29年1月17日(火)〔当日消印有効〕

※平成29年3月中の採択になりますので、発注は4月ごろになるかと思います。
12月末までに導入、支払いが終わる必要があります。

3.公募要領等

公募要領等は各地域事務局のホームページ、または中小企業庁のホームページに掲載しています。
http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/28mh_koubo_2016nov-.html

4.対象型と補助上限額等

ⅰ 第四次産業革命型
・「IoT・AI・ロボット」を用いた設備投資を行うこと (注1)
・補助上限額 :3,000万円
・設備投資が必要
・対象経費 :機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費 (注2)
ⅱ  一般型
・補助上限額 : 1,000万円
・設備投資が必要
・対象経費:機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費 (注2)

※ 雇用増(維持)をし、5%以上の賃金引上げについては、補助上限を倍増。
※ 最低賃金引き上げの影響を受ける場合については、補助上限をさらに1.5倍。

ⅲ 小規模型
【設備投資のみ】
・補助上限額 : 500万円
・設備投資が必要
・対象経費 :機械装置費、技術導入費、 運搬費、専門家経費

【試作開発等】
・補助上限額 : 500万円
・設備投資 が可能(必須ではない)
・対象経費 :機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費、
原材料費、外注加工費、委託費、
知的財産権等関連経費、 クラウド利用費

注1:本事業においてIoTへの設備投資を行うことで、単に従来から行われている単独機械の自動化(ロボット)やAI(人工知能)技術の活用、工 程内の生産管理ソフトの導入ではなく、複数の機械等がネットワーク環境に接続され、そこから収集される各種の情報・データ(ビッグデー タ)を活用して、①監視、②保守、③制御、④分析のうち、いずれか1つ以上を行い、AIやロボットを活用するものを対象とします。

注2:「機械装置費」以外の経費については、総額で500万円(税抜)までを補助上限額とします。 全ての対象型で 補助率は 2/3以内

関連記事

ページ上部へ戻る