トピックス

中小企業庁 新制度「事業継続力強化計画」スタート
防災・減災対策に取り組む中小企業を認定!

「事業継続力強化計画」とは

「事業継続力強化計画」とは、中小企業が立てた自然災害に備える計画を、経済産業大臣が認定する制度です。

ハザードマップ等を活用して自社の自然災害リスクを確認したり、安否確認や避難の実施方法など、災害が起きた時の手順を確認したりするきっかけにもなります。

詳しくはこちら

認定取得の具体的なメリット

認定取得の具体的なメリットは5つ!

(1)認定ロゴマークの使用権がもらえる

認定を受けると、経済産業省公認の認定マークが使用可能に。企業の信用力の向上が期待できます。

(2)防災・減災設備に対する税制優遇

認定を受けた計画に沿って防災・減災設備を取得した場合、取得価格の20%を特別償却できます。
対象となる設備は、自家発電機や制震・免振装置など、自然災害による被害を軽減する効果が期待できるものです。

(3)補助金の優先採択

ものづくり補助金や持続化補助金、IT導入補助金などの加点項目になることが予告されています。
補助金獲得のためには、絶対取得しておきたい認定制度です。

(4)信用保証枠の拡大

普通保険、無担保保険、特別小口保険の限度額が別枠化。
さらに海外投資関係保険や新規事業開拓保険の限度額も拡大されます。

(5)日本政策金融公庫による低利融資

日本政策金融公庫による低利融資が利用できます。

 

FMBコンサルタンツでは、「事業継続計画」の認定取得もご支援しております。
補助金の活用、及び認定制度の取得をご希望される事業者様は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

カテゴリー

ページ上部へ戻る