【2018】FMB健康経営の取り組み

「健康経営Ⓡ」に取り組む企業としてFMBコンサルタンツが

全国健康保険協会(協会けんぽ)大阪支部より「健康宣言」企業に認定されました。

「健康経営Ⓡ」とは、経営者が職場環境や従業員の健康に配慮して、健康投資を行うことです。

健康経営の取り組み

1.定期健康診断

従業員の健康診断受診率100%を目指しています。
また、がん検診等任意検診の受診を促す取り組みもしており、入社後1人1回のみ「胃がんリスク検診」(ピロリ菌抗体検査とペプシノゲン)を全額会社負担で受診できます。

定期健康診断受診率
実績
・2017年度 100%
・2018年度 100%

2019年度 目標
受診率100%

2.歯科検診の導入

歯周病が全身疾患を引き起こすことが近年の研究で明らかになっており、「歯周病予防=全身疾患予防」と当社では捉えています。

生活習慣を整えて健康を維持するのと同様に、歯周病を治して全身の健康を維持できるよう歯科健診を導入しました。

3.従業員の運動不足の解消

デスクワークにより長時間座ったままの姿勢が続くと、血行不良や腰痛を引き起こすことがあります。それを解消するために

●昇降式デスク
●バランスボール を導入しました。

従業員がいつでも好きな時に立って仕事ができるよう、全員のデスクが昇降式となっており、
バランスボール、ぶら下がり健康機も自由に使えるよう設置しております。

4.インフルエンザ予防接種の費用補助

従業員の感染症予防や感染拡大防止に向けてインフルエンザ予防接種費用の補助をおこなっています。

補助金額 最大5,000円、ひとり1年に1回のみ
→予防接種の費用が税込で5,000円に満たない場合は実費を補助します。

予防接種は10月~12月末日までに受ける
→例年流行のピークが1~2月になること、
接種してから抗体ができるまで数週間かかることから期限を設けています。

インフルエンザ予防接種を受けたことがわかる医療機関の領収書を提出
→後日給与振込口座へ入金します。

社員本人、パート社員本人のみ補助対象です。

5.受動喫煙対策

非喫煙場所にたばこの煙や臭いが漏れないよう社内は全面禁煙とし、喫煙場所は当社入居中のビル地下1階のみとしています。

ビル地下1階の喫煙室(奥の扉の向こう)に扉があるのでタバコの煙や臭いが漏れません。

喫煙室の中には集塵脱臭機も設置されています。

6.メンタルヘルス対策

メンタルヘルス対策として、全従業員対象が全国健康保険協会大阪支部主催の健康教室を受講しました。

2018年度は「嫌な気分と上手に向き合う感情コントロール法」というテーマで、ストレス耐性向上のための思考や行動を身につける方法を学び、それを妨げる認知の歪みをセルフチェックや、リラックスするための簡単呼吸法を実践しました。

健康経営優良法人認定制度の詳しい説明はこちら(外部サイト)icon-external-link

MENU

健康経営

メディア掲載

イノベーションルーム淀屋橋

私たちは日本赤十字社の活動を支援しています
ページ上部へ戻る