トピックス

7月19日・21日【大阪開催】ゼロから学ぶ!中小企業に適した人事評価制度の作り方セミナー

先日5月10日、厚生労働省より労働基準関係法令違反の企業名が初公表されました。
(昨年10月1日以降に違反し、書類送検された企業:332社)

東京商工リサーチの調査結果によれば、売上高が判明した244社のうち、164社(全体の約7割)が売上高10億円未満の中小・零細企業、そして公表企業のうち16社が倒産、2社が解散しているという現実・・・ 決して他人事ではない時代が到来しています。

法令の内訳は、労働基準法と最低賃金法の違反が125件と全体の35%近くを占めており、違法な長時間労働や賃金未払い、といった昨今の「働き方改革」にまつわる労働問題がここでも浮き彫りになっています。

特に中小・零細企業においては、過当競争の中で事業を継続・維持し、これらの労働問題に向き合っていくためにも、従業員一人一人の「労働生産性の向上」が不可欠であり、「社員をしっかりと育て、育った社員を定着させていく」企業風土こそが今まさに必要であるといえましょう。

今回のセミナーでは、能力主義でも行き過ぎた成果主義でもない「モチベーション戦略」としての人事評価のしくみ作りについてお伝えいたします!
中小規模の企業様にご活用いただきやすい評価制度になっております。

  • 社員のモチベーションがなかなか上がらずに悩んでいる・・・
  • 中堅社員の定着、マネジメント能力の向上に課題感がある・・・
  • 人材の教育に苦戦しており、組織のボトムアップができていない・・・

「企業は人材なり」とも言いますが、このようなお悩みをお持ちの企業様はぜひとも当社のセミナーにご参加ください。尚、参加は無料です!

セミナー概要
日時2017年7月19日(水)・21日(金)
15:00~17:00(受付開始14:30~)
場所FMBコンサルタンツ株式会社 イノベーションルーム
大阪市中央区北浜3-7-12 京阪御堂筋ビル7階 (京阪・地下鉄「淀屋橋駅」スグ)
定員24名
※定員になり次第、募集終了となります。お早めにお申し込みください。
参加費無料
講師FMBコンサルタンツ株式会社 コンサルティングマネージャー 松本昌也

大手コンサルティング会社でマーケティングから経営戦略まで数多くのプロジェクトに参画。業績向上、新規事業立上げ、人事評価制度構築などのコンサルティングを9年間行い、平成28年2月FMBコンサルタンツ株式会社入社。平成28年6月あしたの人事コンサルタント認定。

関連記事

ページ上部へ戻る