トピックス

資源エネルギー庁 「平成29年度補正予算「省エネルギー設備の導入・運用改善 による中小企業等の生産性革命促進事業」の概要について

「平成29年度補正予算「省エネルギー設備の導入・運用改善による中小企業等の生産性革命促進事業」に係る補助事業者(執行団体)の公募により事業の概要が判明いたしました。

【1.補助対象者】

全業種の法人及び個人事業主

【2.補助対象事業】

工場・事業場等における既存の設備等を省エネルギー性能の高い機器又は設備に更新するとともに、導入した設備等に係るエネルギー使用量等を系統的に整理、蓄積するために必要となる計測装置等を導入する事業

【3.補助対象設備】

平成27年7月に策定された「長期エネルギー需給見通し」における省エネ量の根拠となった産業・業務用の設備のうち、業種横断的に使用される省エネルギー性能の高い機器又は設備及びエネルギー使用量等を計測、蓄積するために必要な装置等を対象とする。想定する補助対象設備は以下のとおり。

なお、補助対象設備については今後追加等があり得る。

<想定補助対象設備>
①高効率照明
②高効率空調
③産業ヒートポンプ
④業務用給湯器
⑤高性能ボイラ
⑥高効率コージェネレーション
⑦低炭素工業炉
⑧冷凍冷蔵庫
⑨産業用モータ
⑩上記①~⑨に付随するエネルギー使用量等を計測するために必要な装置等

※具体的な基準については、経済産業省と協議の上決定する。
なお、トップランナー制度対象機器の場合、トップランナー基準以上の設備を補助対象とする。

【4.補助対象経費(消費税及び地方消費税額は対象外)】

【2.補助対象事業】に要する経費のうち、機器又は設備の購入費(設備費)

【5.1事業当たりの補助率】

1/3以内

【6.募集方法】

一定期間の公募により実施する。

関連記事

ページ上部へ戻る